農ある暮らし

「凍み大根」の作り方1/2

「凍み大根」とは?の続きで、実際の作り方をまとめました。これは私そっしーが近所の人に教わった方法で地域差がありますので、”信州美麻地方の作り方”ということにしてください。

1,大根を作る

8月までに種を蒔くのが鉄則! 9月だと時間が短く大根が大きくならないのです。寒冷地だからしょうがないよね~。

品種は普通の「青首宮重総太大根」です

しかし8月はお盆の花の収穫があって、まさに繁忙期!! 急いでアスターを片付けて、そこに大根のための畑を準備します。


詳しい大根の作り方

サカタのタネの大根の作り方が参考になります。土を深く良くかき混ぜることが大切だと思いましたよ。

https://www.sakataseed.co.jp/product/search/code00925070.html


2,大根を収穫して埋める

10月下旬ごろに収穫します。収穫が遅いと「す」(漢字で書くと「鬆」らしい)が入ったり、葉っぱが黄色くなったりしていまします。

収穫したらそんなに深く掘らない穴に入れます。藁(わら)や土をかけて雪の下で保存します。

この後土をかけて目印を付けます

3,土から掘り出す

1月上旬の−10℃が3日間連続する日を見定め、掘り出します。”その日”を見定めるの大変だから、私は近所の師匠に教えてもらっていますが。

雪原にある目印の支柱の下を掘ると大根が出てきます!

掘り出してそのままににしておくと、大根がそのまま凍ってしまうので、注意(そんなの雪国だけでしょうが)。その日のうちに加工するか、ホロなどをかけて凍らないようにします。

この後、加工するのですが
長くなったので、続きはこちらで~