農ある暮らし

信州の郷土食材「凍み大根」とは

こんにちは、美麻オリザファームのそっしーです。

我が農園の冬の主な作業である「凍み大根」についてお伝えします。

「凍み大根」って聞いたことありますか?

私は移住してからその名前を初めて聞きました。

最初は何だか面白そうな食材だな、という好奇心だけでした。

食べてみたら凄く美味しい!!

作ってる農家さんを訪ねてみたら、作業がシンプル!!

私も作りたい!!!

ということで、今は生産者(というほどの者でもないけど)になってしまいました。

「凍み大根」って何ずら?

「凍み大根」は名前の通り、「凍らせて作った大根」です。

読みは「しみだいこん」。

「凍み豆腐」とか「凍り餅」とか「凍み蕎麦」「棒寒天」などと同じように、

主に雪国に伝わる製法で、寒さを利用して作る保存食です。

1月の一番さむーい「大寒」のころ、作るのですが、

夜の寒さで凍り、昼の暖かさで解け、

それが繰り替えされることで徐々に大根の水分が抜けていきます。

3月下旬までそれを繰り返し、完成です!

※凍み大根の作り方は後日詳しく紹介します

「凍み大根」の仲間いろいろ

ここ信州では「凍み大根」や「寒干し大根」と呼んでいます。

(多分同じ物の事をそう呼んでると思う。。。)

我が家の凍み大根、白くてきれいでしょ~

このような凍らせて乾燥させる大根は

岩手県、山形県、宮城県、福島県、岐阜県などの寒い地域特有の作り方で、

Wikipediaでは「へそ大根」という項目に載っていました。

宮城県ではそう呼ぶようで、確かに「へそ」のある感じです。

『美味しんぼ』75巻の中で「へそ大根」の紹介があるようで、

いつか読んでみたいと思います!

「切干大根」との違いは?

名前の似ている食材に「切干大根」がありますね。

「切干大根」という大ジャンルの中に「凍み大根」は分類されています。

その違いは、ズバリそのまま干すか、凍らせて干すか。です。

切干大根は大根を細く切って、軒先などで乾燥させたもの。

気軽に使える乾物として広く家庭で使われています。

一方凍み大根は、あまり一般家庭ではお見掛けしませんね。

ましてや家庭で残った大根でちょちょっと作る事もしなそうです。

(実は冷蔵庫で簡易的に作れるんですけどね)

「切干大根」と「凍み大根」との一番の違いは、食感です!

「凍み大根」は“凍らせる”というひと手間があるので、

ふわふわなスポンジ状になり、それが美味しさの秘密なのです!!

「凍み大根」はどこで買える?

何やら面白そうで美味しそうな「凍み大根」。

食べたくなった方、多いのでは~?!

でもね、基本的に生産量が少なく、余り市場に出回っていません。

この辺でもスーパーマーケットに置いてあることはほぼなく(そっしー調べ)、

地域の農産物直売所でチラホラ見かける程度。

ネット販売している事業者もそんなに多くはないようですね。

それに販売期間がとても限られています。

冬の間に加工するので、できあがるのは早くて3月ごろ。

梅雨前には直売所から姿を消してしまいます。

そんな貴重な?「凍み大根」ですので、

どこかで見かけたら、ぜひ手に取ってみてくださいね!!

ちなみにオリザファームの凍み大根は

シーズンになるとこちらで買えます。大した量はありませんが、ご覧下さいませ。

友達のストアーズサイト「ミドリス」